アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
September 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
花束

icon title フラワーギフトの種類や値段

生花のものもありますが、枯れにくいプリザーブドフラワーを送り、長く飾ってもらえるようにできるフラワーギフトが流行っているそうです。
値段は、4000円くらいのものから、高くて2万円近くするものもあります。
新築祝いの場合、現金だと友人だと5000円から1万円、身内だと1万から5万円のことが多いです。
開店祝いの場合は友人なら5000円程度、身内なら1万円程度が相場です。
この金額を参考にしてフラワーギフトを選んでみてはいかがでしょうか。

ピンク系の盛りカゴ

icon title お祝いで送るギフト

入学祝や出産祝いなど、お祝い事にはなにかギフトを送りたくなるものですが、何を送るか毎回悩みますよね。
今回は、新築祝いや開店祝いにおすすめのフラワーギフトについて紹介します。
新築祝いは、家を建てたときに日頃の感謝の意味も込めて贈るお祝いです。
新築後半月以内に送るのがベストと言われていますが、引っ越し直後など、相手が忙しいときには避けるのが良いとされています。また、火や家事を連想させる赤色のものはタブーとされます。

開店祝いは、開店の知らせを聞いたときに祝福の意を込めて贈るお祝いです。
お披露目パーティーや開店イベントが開催されるときに持参したり、配送するのが良いとされます。
これらのお祝い事のときに、フラワーギフトを送る方が増えています。
新築祝いの場合は、新築に花を添える意味で、開店祝いのときはギフトにメッセージカードやお店の広告となる名前を大きめに載せたりすることもるようです。

赤い束

icon title 花を贈る魅力

よく飲食店などのオープン日に、開店祝いのお花がいくつも届いている光景を目にします。
フラワーギフトは、店頭や店内を華麗に彩って開店を祝ってくれます。
地域によっては、開店祝いのお花は、来店した客がひとり数輪ずつ持ち帰って良いところもあり、開店の象徴のような存在でもあります。
新築祝いや開店祝いのフラワーギフトは、生花の花束に限らず、鉢植えの豪華な植物だったり、長持ちするブリザードフラワーだったり、たくさんの種類の中から選択して贈ることができます。
相手の好きな色で選んだり、花言葉を吟味しながら選ぶのも楽しいです。
直接手渡しも出来るし、配送してもらえるのもフラワーギフトの魅力です。